料理初心者は料理教室に通いづらい?料理教室の内容とは?

料理初心者は料理教室に通いづらい

料理教室には通ってみたいけど、実際「料理教室」と呼ばれるものは、どんなものなのか、しかも、今の時代はとにかくたくさんの料理教室があります。

実際、どの料理教室もどんな内容になっているかよくわからないから通いづらいと思っているのはあなただけではありません。

そこで、ここでは、そんな不安を持った方のお悩みを解決するための料理教室の内容やプランについてごしょ

料理初心者は料理教室内容がわからないから通いづらい!

一言で料理教室と言っても、実は多種多様なものがありますが、ベースにあるものはどこも「料理を学ぶ・料理の技術を身につける」ということになります。そんな料理教室の内容について、ここでは見ていきましょう。

料理の「り」の字も知らなくて大丈夫!初心者が通いやすい料理教室(コース)がたくさん!

料理が得意とは言えないけども、包丁の使い方くらいならわかるという方もいれば、包丁の持ち方や使い方、それに切り方だってわからないという、本当の料理初心者というのは、実は多くいるのです。

それすらも知らないことが恥ずかしくて料理教室に通いたいけど通えないという人もいますよね。ですが、心配しないでください。多くの料理教室では、初心者コースが準備されています。

包丁の持ち方や料理のことなんてさっぱりわからない方も通えるので、初心者はこんな料理教室に通うことをおすすめします。みんなが初心者なので、料理ができないことに対する恥ずかしさを感じなくて済むのもポイントです。

グループレッスンとマンツーマン(もしくは少人数制のレッスン)レッスンの2種類がある

料理教室には大きく分けて2種類あるということも覚えておくと、料理の上達レベルも速くなります。

1つは、グループレッスンです。これが皆さんが想像される料理教室のベーシックなスタイルだと言えるでしょう。30人くらいが1クラスに集まって、その中から4~8人程度が1グループとなり、1つの料理を作り上げるというものです。

この場合、初心者クラスであればレベルは皆さん同じで須賀、体験コースや一般のクラスだと、ある程度料理ができる方も入っているので、初心者の方は楽しく料理できない可能性もありますが、友達が作れるなどのメリットがあります。

一方、マンツーマンレッスン、もしくは、少人数制のレッスン(2~6人程度)の場合は、講師との距離が近くなるので、質問がしやすいです。

特にマンツーマンレッスンの場合は、他の人の目を気にしなくて済むので、あなたが例え包丁の握り方がわからなかったとしても、そこから講師はあなたにかかりっきりになり教えてくれます。

少人数制のレッスンの場合も、グループレッスンの場合よりも質問しやすく、ある程度講師の目も1人1人の生徒に届くので、料理の習得も早くなります。人に自分の料理レベルを知られたくないという料理初心者の方であれば、断然マンツーマンレッスンがおすすめです。

料理教室の実施時間は?時間通り終わるの?!

特に、社会人の方の場合、仕事やプライベートの時間がありますから、料理教室に通うのにも、時間のやりくりをしなければいけません。そこで、料理教室での実習時間ですが、大体2時間かかる所がほとんどとなります。ただし、これは目安の時間となります。

例えば、質問が多かったり、(グループレッスンの場合)全てのグループの料理が終了するのに時間が押してしまうなんてこともよくあります。

そんな時には、多少延長してしまうので、料理教室がある日は、スタートの時間は変わらないので良いのですが、終了時間は変わる場合があるので、終了後に何か予定を入れる際には、ちょっと余裕を持った予定立てをおすすめします。

料理教室の様々なプランと内容とは

実際、料理教室出はどんな内容のクラスがあるのか、そしてどんなプランが用意されているのかを、ここでは見ていきましょう。

それぞれの料理教室に様々なコースが用意されている!

全国に料理教室は本当に数えられないほどありますから、それぞれの料理教室によって、様々なコースが用意されています。

一般的にどんなコース(パターン)があるのかというのを、ご紹介しましょう。

初心者でも心配なし!あらゆる料理が学べます!

基本的に、料理初心者の方であっても、和食、洋食、中華、それにお菓子作りやパン作りなど、すべての種類を料理教室で学ぶことができます。どのコースにも初心者専用のコースは用意されています。

製菓に関する料理教室であれば、それを専門的に行っている場所で初心者専用のコースを探すと、見つけやすいので、そういったことも覚えておくと便利ですよ。

専門的なことを学びたいなら専門のコースを

料理教室探しをしている時に、どんなコースがあるのかチェックしたことがあるかと思います。それを見ていると、各料理教室に色々なコースがあることがわかりますよね。一通り全てのタイプの料理を習えるコースもありますが、専門のコースを学ぶためのコースというのもあります。

例えば、家庭料理を身に着けたいのであれば、家庭料理専門コースがありますし、その中でも和食を中心的にやりたいというのであれば、和食専門のコースなどあります。ですので、あなたの目的や目標に合わせたコースがある料理教室を選ぶことが重要となってきます。

グループレッスンとマンツーマンレッスンがある

上記でも触れましたが、料理教室にはグループレッスンとマンツーマン(少人数制)レッスンが存在します。その違いについて見てみましょう。

グループレッスン

グループレッスンは比較的費用は安くなります。というのも、材料費を人数で割るので、30人近くいるクラスの場合、1人が負担する量が少なくなるからです。そして、友達もできやすく、ワイワイと楽しみながら料理したいというのであればこちらはおすすめです。

ただし、料理をする際には、1クラスに数人の講師となりますから、あなたにだけ講師がかかりっきりになることはできないので、質問もしにくく、わからない所がわからないままになってしまう可能性もあります。

マンツーマンレッスン

マンツーマンレッスンの場合は、講師とあなたがマンツーマンで料理のクラスを行います。そのため、費用は基本的にはグループレッスンよりも(材料費を負担するのがあなただけになるため)高くなります。

マンツーマンですから、友達を作るということは難しいですが、わからないことがあれば講師にすぐ聞ける状況にあるのがマンツーマンレッスンの良さです。マンツーマンの料理教室で有名なのがライザップクックです。有名ホテルで働いていた一流の料理人とマンツーマンの指導が受けれます。

初心者の場合は、わからないことだらけで、他の生徒がいると、それを聞くのさえ、他の人の時間を割いてしまうことになるので億劫になってしまいますが、マンツーマンレッスンの場合は、そういったことを気にせずに済むので、料理も身につきやすいです。

料理教室のプランって?!料理教室には月額制とチケット制、単発方式がある!

料理教室にはいくつかのプランがあるので、それについても知っておきましょう。

月額制

これはそのまま、毎月決められた月謝を払って料理教室に通うという方法です。この場合、大体クラスが行われる日にちと時間は決まっていますので、あらかじめ、どんなスケジュールになっているかを調べてから入会しましょう。

チケット制

チケット制は、電車の回数券のようなものだと思うとわかりやすいです。例えば、12枚のチケットがあり、これには有効期限が1年と決められています。その1年の間であれば、あなたが好きな日に好きなレッスンを12回とることができるというシステムです。あなたのペースで通うことができるので、忙しい方にはぴったりです。

単発式

例えば、自宅で料理教室を開いているような所ではこのタイプが多いです。料理教室側が指定する日の1回のみ料理教室が行われるというもので、インターネットで前もって支払い(もしくは事前銀行振り込み)をするか、当日料理教室で現金を支払うというパターンです。

単発の料理教室について詳しく書いています。
単発の料理教室とは?単発で通うメリットやデメリット

料理教室での料理から試食までの流れ

料理教室での流れがわからないと、料理教室へ行くのにも不安を感じますよね。大きく分ける、グループレッスンの場合とマンツーマンレッスンの場合の2パターンがありますが、基本的には同じような流れとなりますので、料理教室での料理から試食までの流れをご紹介しましょう。

  1. 講師がデモンストレーションを行う(これはグループレッスンのみというパターンがほとんどです)
  2. 包丁の使い方や火加減、そのひのめにゅーのつくりかたを一通り説明してくれます。この間、生徒たちは、講師の行っている料理のポイントや、作り方や流れについてメモします。

  3. 実習開始
  4. 決められた人たちとグループになって1から料理を作っていきます。ここで野菜をカットするなどの下ごしらえをみんなでしていくことになります。

    1人はにんじんを、もう1人は玉ねぎをカットするなど分担してやるパターンと、1人が1ステップ全て行うなど、これはグループによって異なります。この間講師が各グループを見て回るので、その際に何かわからないことがあれば聞きましょう。

  5. 料理を盛り付けする
  6. 料理というのは、包丁の使い方もそうですが、料理を作れること、そして、料理をお皿に盛りつけることも料理の1つとなります。あなたが作った料理を美味しく見えるようにみんなで料理をお皿に盛りつけます。

  7. 料理の盛り付けができたらみんなで試食
  8. 料理が完成したら、グループのみんなで試食します。食べる前に、みんなでスマホで撮影したりする料理教室もありますので、そういった時間が取られるということもあると覚えておきましょう。

    また、こだわっている料理教室の場合には、料理の盛り付けが終了した後、テーブルセッティングをすることもあります。

  9. 試食の後にもやることはあります!
  10. 試食後、食べたら終わりというわけではありません。料理は片付けをすることもその1つとなりますから、お皿を洗ったり、そのお皿を元あった位置に戻すということもします。ただし、これは、料理教室によって異なるので、ない所もあります。

    そして、すべてが終わった後には、最後にまた先生からの話などがありますが、基本的に、その日作ったメニューのことについてのおさらいとなります。それが終われば、料理教室は終了です。

    ちなみに、マンツーマンレッスンの場合は、このおさらいは、料理を試食しながら講師とすることが多いですし、グループレッスンの場合も、時間が押している時にはこうなる場合があります。

初心者だって全く問題なく通える料理教室はたくさんある!

「料理教室に通ってみたいけど全然内容が見えない」と、思っていた方、これを読んでいただければその中身がわかるようになっています。そして、本当に料理のことがわからない初心者であっても、料理教室は積極的にそういう人が通いやすい体制をとっています。

料理教室初心者だけど、積極的に料理教室には通いたいと思っているあなたは、ここで料理教室の流れやプランについてつかめば、あなたに合った料理教室が見つけやすいので、参考にしてください。