料理がうまくなりたいなら早道は?ステップアップのポイント

料理が上手くなる方法

料理の腕前を上達させたいと様々なチャレンジをしても、なかなかうまくいかないことは多いものです。

美味しくて手軽と評判のレシピを試しても、ピントこなかったという人もいます。大切なのは、味覚の違いと料理の基礎知識です。

両方をしっかり把握してからでないとステップアップは難しいため、なかなか上達市内と思った場合は見方をかえていく必要があります。

味覚を把握することは重要

味覚で覚える
人によって味覚には差があり、どのような味付けが好きかは異なります。料理は味の組み合わせでできるため、組み合わせによって相乗効果が出ることも思ったよりもマイナスになってしまうこともあります。

味見をする際もどこに注目するかは重要で、味付けを左右するポイントになっているのです。

味を極端にするとバランスが崩れやすい

料理がなかなか上手くならない人の中には、甘いものが好き、辛いものが好きということで極端な味にしてしまう人がいます。

砂糖や塩で味の加減をするのは非常にわかりやすいものの、一方で味のバランスが崩れやすくなります。自分で食べる分にはよくても、他人に食べてもらう時にマイナスになりやすいのです。

また、常に味が濃いものを食べていると、繊細な味側からなくなるというマイナスもあります。料理を上達をするのであれば、普段から食べているものを見直し、薄味にするなど工夫が必要な場合もあるのです。

香りや味に敏感になることが重要

味が濃い料理に慣れてしまうと、素材の持つ風味や香りに鈍感になってしまいます。また、甘みや辛味、酸味といったわかりやすい味だけでなく、出汁の旨みなど、複数の要素で料理が成り立っているのもポイントです。

料理が物足りないと思った時に単純に塩や醤油などを足すのではなく、様々な野菜や肉の旨みを足すことでバランスが整うケースもあるのです。どんな素材を使うと、どのような味の傾向ができるかを掴むことは重要になります。

味の傾向がわかればレシピに頼らなくてもある程度予想の範囲で料理ができるようになり、冷蔵庫にあるもので料理をするなど工夫の余地が生まれるのです。味覚を磨くことは料理上手になるために重要な要素で、健康面でもプラスになります。味のバランスを把握し、加減ができる人ほど料理上手といえるのです。

手順を見直してみることも重要に

料理のポイントとは
料理上手になりたいのであれば、料理の手順を見直すことも重要になります。料理の本などを見ていると素材の切り方や加えるタイミングが指定されていることが多くなります。

それぞれのタイミングや切り方に意味があることは多く、手順通りに作れるかどうかで味がかわることもあるのです。

手順を省略することで大きく味が変わる料理もあるため、自分の好みとかける手間のバランスが重要になることも多いのです。

素材の調理法で味がかわわることがポイントに

素材の調理方法は非常に重要で、切り方や温度の管理から味がかわるものもあります。材料が常温になることで味が悪くなるものや、冷蔵庫から出しておかないと切ることすら難しいものなど、素材にはそれぞれ特徴があるからです。

素材の切り方で味がかわることも多く、火の通り方や味の染み方にも影響が出ます。下ごしらえが必要な素材もあるため、まずはしっかり下ごしらえをしてみるのがオススメです。

料理はやってみないとわからないことも多く、実際にどのような味や食感の変化が出るかしることも大切になってくるからです。また、慣れるまでの時間は人によって違いがあるため、繰り返し同じ料理を作って得意料理にしてしまうと自信がつきやすくなります。

料理にかける時間もポイントになってくる

料理は手際よく、スピーディーに作らなければ味が悪くなってしまうものがあります。たとえば、野菜炒めは炒める時間が長すぎると野菜のしゃきしゃき感が失われやすくなります。

もちろん、しっとりした食感を楽しみたいのであれば火を通しても問題はありませんが、食感や香りがかわってしまうことに注意が必要です。材料は完璧でも、調理に手間取って理想の味が出ないケースや、見た目が悪くなってしまうことは多いのです。

簡単な対策は、慣れることです。何度も同じ手順で料理を作れば、それだけスピーディーに行動できるようになります。調理時間も短くなり、結果的に料理が上手くなるケースも多いのです。

一方で、性格の関係上、どうしても火の通し方などにバラツキが出るケースもあります。のんびりした人であれば火を通しすぎてしまうケースが増え、せっかちな人であれば火が十分に通らないなど味にも個性出るのです。

解決方法の一つが、タイマーなどを利用する方法です。煮込みの時間や火にかける時間をタイマーで調整すれば、大幅に味が崩れることは少なくなります。

料理初心者であれば手間が少ない料理から覚える、性格的に向いている料理を選ぶなど、工夫を加えるのもおすすめです。

基準がわからない場合は料理教室で学ぶのも方法

料理教室で学ぶのも方法
味覚を磨くのも、料理の手順や必要な情報を学ぶのも、非常に地道な作業になります。基準を作ること自体が難しいと感じる人も多く、一人で料理の勉強をしても上達しない原因になりやすいのがポイントです。

味見をして、正確に課題を把握できるのか、どのような問題があるのかを見極められる人がいれば、それだけ上達が早くなります。少しでも早く上達したいのであれば、料理教室で学ぶのがおすすめです。

基礎的な技術から学べる料理教室もある

自分の味覚に自信がない場合や、調理道具をあまり使った経験が少ない場合は、基礎的な技術を学べる料理教室にいくのがおすすめです。

料理の基礎となると地味で覚える価値がないと思われがちですが、基礎ができていないと料理自体に時間がかかることが多くなります。

包丁の入れ方が均一になるなど、味を調える面でもプラスになります。料理の基礎は効率よく、味が良い料理を作るためのもののため、学んで損はないのです。

上級者向けの料理教室にいき、知らない料理用語が飛び交う中で学ぶということもなくなります。ハードルを上げすぎて挫折する人もいるため、自分のペースで学んでいくことも重要なのです。

個人レッスンをおこなってくれる料理教室も

料理教室は先生一人に対して、生徒数人で行うのが一般的です。一方で、引っ込み思案である場合や、料理への不安が大きい場合は先生への質問がしづらく、料理を学ぶ上でマイナスになるケースもあります。

人によって料理教室自体の向き不向きがあるため、対人関係の不安が大きい場合は個人レッスンをおこなってくれる料理教室も視野に入ります。

オーダーメイド感覚で授業のコースを組んでくれる教室や、プロの料理人がレクチャーしてくれるライザップクックなどもあります。

料理のレシピだけでなく、自分の料理の腕前、性格を考えながら料理教室を選ぶと外れを引く可能性が減ります。体験料理教室などを利用した上で入会するとさらに確実です。

料理が上手くなる方法のまとめ

料理が上手くなりたいと思っても、一人では行き詰ってしまうことが多くなります。地道に工夫を積み重ねられる人は普段の食事や味の組み立てかたから考えてみるのがオススメです。

また、同じ料理を繰り返すことで料理上手になっていくケースもあり、体験の積み重ねが料理の技術に反映されやすくなるのです。なるべくムダを少なくしたい、短期間で上達したいという人は料理教室が視野に入ります。

課題を探しながら自分に応じた選択をすることがポイントで、プロに頼った方がスムーズなことも多いのです。